2月23日~ 1LDK AOYAMA HOTEL  2月24日25日 2日間 ARCH 札幌 にて、FRANK LEDER のスペシャルアイテムが販売されます。いずれも限定数販売です。

 

 

BLOG

  • 春夏商品ご紹介。 2018.02.23

    連日、リミテッドアイテムをご紹介してきたのですが、

    今日は、本ちゃん、

    FRANK LEDERの春夏コレクションから、

    bohemia(ボヘミア)シリーズをご紹介します。

    f:id:hynm_mach55:20180221191018j:plain

    今シーズンはこのようなネームタグが付いています。

    これ、いい感じやんけ、と手に取ったガーメントが

    なんていうブランドか、FRANK LEDERに似てんな~、

    と思いきや、FRANK LEDERです。

     

    実験的ルーツに戻って、

    ひとつひとつの定番に染めて、色ヌキして、、のFUNDAMENTの

    そのものの強い印象と並ぶ本ちゃんシリーズにするために、

    あえてのタグです。

    スタンプ押しして、F.Lと赤字糸の頭文字刺繍のセット。

    商品によって、ランダムについてます。

     

    デザイナーからのちょっとした問いかけ、、

    ブランド名で買う、それをちょっと疑ってみる、

    そんなことでも思ったか、どうか、、

    これは私の感想です。

     

    そんな「ボヘミア」シリーズは、彼の父のうまれ故郷「ボヘミア」からのオマージュでもあり、「ボヘミアン」なマインドとスタイルからもインスピレーションを受けたものになっています。

    f:id:hynm_mach55:20180223113742j:plain

    今日は、シャツに特化してご紹介。

    f:id:hynm_mach55:20160416015901j:plain

    f:id:hynm_mach55:20180221191219j:plain

    これは胸にボヘミアの町の古いビンテージカードがプリントされています。

    実際にポケットを使うときは、

    自分で裂いてください、というくだり。

    f:id:hynm_mach55:20180221191414j:plain

    このリネンのストライプシャツは一見、フランクらしい、いつもの感じ、、!?

    ですが、ボタンが取り外し式になっていまして(これはFLチームなら良くご存知ですね)もう、一本ボタンのリボンがついています。付け替えることでボタンの色が変わり、印象が変わります。

    f:id:hynm_mach55:20180221191444j:plain

    f:id:hynm_mach55:20180221191528j:plain

     

    f:id:hynm_mach55:20180221191628j:plain

    FRANK LEDERは、ご存知のように、ビンテージボタンを多用するのですが、

    ボタンに対して、全体感のポイントとしていまして、それが、着る人のコーディネイトを幅広くすると思っています。

    ボタンの色が変わることで、ボトムやシューズ、カーデやジャケット、

    色あわせがひろがるんです。

    f:id:hynm_mach55:20180221191801j:plain

    そして、このさわやかなパッチワークのコットンシャツ。

    そこに、ドリフティングポケットが!

    f:id:hynm_mach55:20180221191752j:plain

    右胸の下のポケットが斜めっています。

    今シーズンのインスピレーションポケットです。

     

    そのインスピレーションは、ボヘミアの昔のお祭りから。

    村の男子の競技大会で、村の乙女が恥ずかしながら観戦にきて、

    きゅん、と恋をして、カップルが生まれる、っていうやつですね。

    それが、このルックブックの奇妙なモデルスタイル

    f:id:hynm_mach55:20160415235456j:plain

    ポケットの向きがななめるわけ、です。

     

    厳しい規律に基づいた伝統的な男性達の心技一体の追求、。

    FRANK LEDERのメンズコレクションの根底にながれる

    男気的なところは、ここからうまれているところが多いのです。

    昔から、、

    ってことで懐かしい写真など。

    騎士校の学生たち 

    (2004年秋冬コレクションのテーマの一つ。この写真はフランクが雑誌でそのイメージを特化してエディトリアルしたページのものです)
    f:id:hynm_mach55:20180223114808j:plain

     そして、この時のデザインコートが,本日23日より販売される1LDK AOYAMA HOTELで販売されるコートの元デザインのシーズンなのです。

    24日土曜日は、青山でも、札幌でも、

    ウチのスタッフがお邪魔している時間があると思います。

    見つけたら、ぜひ、質問ぜめ、してください。

    貴方のほうが詳しかったら、、、、。

    反省部屋行きです。笑

    f:id:hynm_mach55:20180223120633j:plain

    これは実在する元騎士校の反省部屋の壁。

     今は観光用になっているようですよ。。

     

    M

  • この機会にWEB MAGAZINE2つ リコメンド。 2018.02.22

    前回、The old curiosity shop の一品紹介の際にも

    リンクをつけたウェブマガジン TYO MAGAZINE.

    今回のFRANK LEDER X 1LDK の記事を載せていただきました。

    f:id:hynm_mach55:20180214123240j:plain

    TYO magazine » こだわりの別注企画アイテムの第3弾!──『FRANK LEDER』

     

    音楽とファッション、映画に時事ネタ、そして、忘れちゃならないフクシマブンカハッシンプロジェクトも。

    発信者のこだわりがストレートにガツンときますよ。

    この機会にチクンくださいませ。

    コラムもあります。

    TYO magazine » ブラインドからのぞき見た世の中 VOL.199『保身大国、ニッポン』

     

    こちらにもあげていただきました。

    からだけじゃないですよ、、、。

    こちらもクリエイターに特化したお勧めマガジンです。

    quotationmagazine.jp

     

    もちろんのこと、このブログをやっている

    こちらはもう、みなさん、これをご覧いただいる時点でご存知ですものね。

    www.houyhnhnm.jp

     

    いろんなウェブマガジンがありますが

    みなさんは、なにをチェックしていますか?

    しりたいな~

     

    M

  • FRANK LEDER FILM 2018.02.21

    f:id:hynm_mach55:20180214124640j:plain

    今シーズンは、手をかけたFUNDAMENTシリーズがコレクションの

    3大柱の一つとして発表されました。

    と、前々回のPEN MAGAZINE さんのウェブで見ていただいたと

    思うのですが、、、

    ここは、エージェントとして、しつこいですが、

    一度、そのフィルム、あげさせていただきます。

    これは、フィルム用にデザイナーが自らやっているのではなく、

    実際に、商品もこうして、

    全てを彼が行っています。

     

    場所はベルリンのスタジオ。

    音楽は友人がつけてくれたそうです。

     

    なにからなにまで、、、

    結局、すきってことですね、、

     

    vimeo.com

     

    そして末筆ながら、こうして手をかけておりますので、

    ボヘミア」シリーズの後に入荷します。

    お楽しみに!

     

    M