PRESS PREVIEW のおしらせ

5月13日-15日 3日間ショールームにて 開催いたします。

代々木上原にて5月16日からマスター&コー・スペシャル企画進行中。詳細はまた。 

 

 

BLOG

  • これはもう、Tシャツ買い 2019.05.24

    今日は30度を越えました、の東京です。

    MASTER&Co.のスペシャルコーナーを展開する代々木上原Burnishでは

    チノパンだけではありません。

    Tシャツもそろっております。

    夏の一枚、いかがですか?

    f:id:hynm_mach55:20171107145836j:plain

    f:id:hynm_mach55:20171107075339j:plain

     

    Burnish salonにて5月26日まで。

    f:id:hynm_mach55:20190522103722j:plain

    www.instagram.com

  • 天気が良くなった、これは散歩だ!代々木上原へ 2019.05.22

    関東は昨晩の大雨がうそのように、ピーカンの今日です。

    こうなったら、みなさん、散歩にでましょう。

    ということで、

    こちらを目指して、テクテクコースを紹介してみます。

    f:id:hynm_mach55:20190522103722j:plain

    そう、こちらでは、今、MASTER&Co.のチノパンなど、

    豊富に揃えたスペシャルコーナーが展開されております。

    目的地はここ、そして、買い物、そして、ご飯 そんな一日をご提案。

     

    まず、渋谷をスタートしましょう。

    混みこみのセンター街をさけ、東急本店を目指します。

    時間があるならば、文化村シネマでこの映画を勧めたい。

    https://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/19_the_silent_revolution.html

    僕たちは希望という名の列車に乗った The Silent Revolution

    東ドイツの若者の実話映画。

    映画の気分出ないときは、ギャラリーなど、チラリと見つつ、

    奥渋といわれるゾーンへ。

    東急本店を右にみて、細い道をずんずん歩きます。

    個性的な小さなショップがポツポツでてきます。

    このサイトをご参考に。

    matome.naver.jp

    大通りに突き当たったら、そのまままっすぐ行きましょう。

    もうそこからは、話題のパンヤ365日などがある、代々木八幡へ。

    このリンクもつけておきましょう。

    代々木観光でおすすめコース。代々木八幡でハイナインノートやアームズハンバーガーなど今話題の雑貨とグルメを巡る観光コース – デカケルJP

    代々木八幡の小田急線・線路を渡って、左折の一方通行を、

    また、ずんずん歩きます。

    時間があったら、パワスポ 代々木八幡神社にも行きましょう。

    特に26日は「金魚まつり」開催です。

     

    代々木八幡から代々木上原に続く一方通行の道は、

    最近、富に、お店が増えてきました。

    ぽちぽちまっすぐ歩いていきますと、いよいよ代々木上原です。

    こちらも参考に、ご飯やお茶などするお店を探しつつ、

    代々木八幡から代々木上原へ♪ 人気のおしゃれタウンでゆったり楽しむ半日お散歩コース|ちくわ。

    マスター&コー、見に行ってくださいね。

     

    女子には、ほかにもこんなファッションのお店があります。

    kitoito  kitoit

    yuni  AMBIDEX Store bulle de savon/yuni    

    caph troupe http://www.ambidex-store.jp/shop/shoplist/caph_038.aspx

     

    ぜひ、のぞいてくださいね。

     

    M

     

     

     

  • THE ROLLING STONES からのELEY KISHIMOTO 2019.05.20

    スタイリスト島津さんが、ローリングストーンズ展にて、

    60年-70年代のファッションを絡めてトーキングセッションをやる、

    とプレスプレビューで聞き、

    行ってまいりましたTOC五反田。

    f:id:hynm_mach55:20190520190743j:plain

    prtimes.jp

    最初は二日酔いおじさんと化した島津さんは声も枯れ、テンションも低め。

    f:id:hynm_mach55:20190520190934j:plain

    f:id:hynm_mach55:20190520190950j:plain

    が、しかし、そこは語りだすとその時代の血が騒ぎ、、、

    最後は、秘蔵Tシャツコレクションのご説明に熱がこもるのでありました。

    f:id:hynm_mach55:20190520191002j:plain

    いまや相当な値段がつくのも、、、

     

    会場内はギターからアルバムから、衣装まで、、

    3Dの短いコンサートフィルムもあり、

    復習ともいえる時間を過ごせます。

     

    アンディーウォーホールの原画も贅沢に、何枚も、

    50分の47と、、、

    これは、、高いぞ、と下品にも感じいります。

     

    内容は、音楽のみならず、その時代のアルバムの

    グラフィックから会場の模型、衣装、数々のギター、、などなど、

    熱いファンでなくとも時代背景も感じられ、楽しめます。

     

    そんな中、気に入った2枚の昔の写真を。、

    (館内撮影OKの太っ腹会場でした)

    f:id:hynm_mach55:20190519141227j:plain

     

    f:id:hynm_mach55:20190519134132j:plain

    いやはや、溜飲です。

     

    そんな時間を過ごした後、乗車駅の五反田で一杯、と友人とお店を探すも、

    17時という時間帯、どこもあいていない日曜日。

    やっと見つけた  やきとりSMILE( スマイルでなくスミレだそうで、、)

    結構、今、店舗があるらしいです。

    もうここで、的な感じで入りました。

    いや、めったに飲む場所でないので、

    いかにも五反田なお店を所望していたのに

    ちょっと違うね、、なんて感じで、、、

    が、しかし、そこで遭遇したのが、

    あや!!!この絵は、、

    f:id:hynm_mach55:20190519170447j:plain

    f:id:hynm_mach55:20190519170619j:plain

    なんと、昔、ELEY KISHIMOTO が1973というロンドンの

    ペーパー関連をデザインしている会社と作った「ラッピングペーパー」が

    壁のアートとなって飾られていたのであります。

    f:id:hynm_mach55:20190519170522j:plain

    KARAAGEとELEY KISHIMOTO うむ。

    f:id:hynm_mach55:20190519170527j:plain

     

    さすが17時ゆえ、店内ガラガラですが、、

    おかげで店内撮影。

    ほかの店舗も飾ってあるのでしょうか?

     

    なんだか、いい一日でした。